僅かなスペースで飲食店を

僅かなスペースで飲食店を

最近はテナントとしてビルや店舗を借りるのもかなり高額、そして事業の先行きも読めない状況のなかで、お店を始めるのに躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。

 

当然最低限の蓄え、資本は大事かと思いますが、それ以外に元々の運営経費をうかすようなアイディアも大事かとおもいます。例えば、一つのテナント、事務所などを他の会社、できれば関連する事業のほうがいいですが、場所をシェアして、賃料を節約する、そしてお互いの事業が相乗効果をもたらすようにするなど、僅かなスペースで固定費を減らしていくということです。それならばお店が軌道にのるまで、多少赤字がつづいても、損失がそう膨れ上がることはすくなくなります。

 

小さな事業を経営している同士で協力してこの厳しい時代をサバイブしていくのはなかなか良いアイディアのように思えます。僅かなスペースでもお店の運営はできますから。ドリンク、スナック、軽食程度でもこだわりの素材で固定ファンをつけてしまったら結構やっていけるものですよ。