変化してきた中華料理のおもてなし

変化してきた中華料理のおもてなし

世界中どこででも食べられていて、ファーストフードに近いともいわれる
中華料理ですが、その国その国に合わせた味付けがされていて、
非常になじみやすく、バラエティに富んでいて食べていても楽しいものです。

 

日本風にアレンジされたものもあって「天津飯」は日本独自のもので、
日本人の舌に合うように作られたとのことです。
なので中国で頼むと、そんなものはないとも言われるそうです。

 

 

本当に日本独自の中華料理が出来ているのだということがわかりますが、
味はもちろんのこと、量についても中華料理独特のものがあって、
とにかくたくさんのものを出すことがお客様へのおもてなしだと
言われていて、食べきれないくらいの量を出すことがマナーだそうです。
そしてふるまわれた方も、その料理を残すことが
おもてなしを受けたという事を表すようで、日本とはまったく正反対
ですね。

 

しかし、最近ではさすがにそうすることで廃棄する料理が多いとのことで、
少しずつ見直されてきているとのことで、昔ながらの習慣も変わりつつあるとのことです。
残す代わりにお持ち帰りもできるようになっているとのことで、
随分と価値観も変わったようです。