果実が原料のお酒

果実が原料のお酒

もちろんワインももともとはぶどうを原料としています。りんごを原料としているアップルシードル、そして日本でいえば、梅酒、中国では杏露酒などが有名でしょうか。

 

もともと果実を原料としているので、よりヘルシーでフルーティーな味わいがこれらのお酒の特徴です。またお酒の中でも健康的な成分が含まれているということで、女性にも人気があります。またアルコール分が控えめ、飲み口が甘くてやさしいところから、つい飲み過ぎてしまうのも玉にきずです。ワインの中でもとくにスパークリングワイン、シャンパンなどを冷やして飲むと、夏の暑いときなどはいくらでも飲めてしまうので、これもまた厄介です。

 

体にいいとはいっても飲み過ぎは禁物です。ほどほどにお腹に何かを入れながら、お酒の時間を楽しく演出してみましょう。果実が原料のお酒は、匂いもその果実の風味を残しているので、ライトなものになると、アルコールが入っていることを忘れてしまう程、ジュース感覚で飲めてしまうのです。