精進料理で心の変化を

精進料理で心の変化を

日本では昔からタンパク質というと、大豆からとることがほとんどで、
豆腐などの加工品のおかげで、飽きることなく大豆を食べていたとのことです。
現在では、健康や美容を考えてあまり肉を食べずに菜食主義になったり、
また精進料理を実践している人もいるとのことです。

 

 

かつての日本では肉を食べることが禁じられていて、
特に仏教の僧侶は肉は食べませんでした。
同じく仏教徒と言っても庶民の場合は、鹿や猪、ウサギなどを
食べていたとのことですが、それ以前は大豆が中心であったとのことです。

 

肉を食べずに精進料理などを食べたい場合は京都などにいくと
そうしたお店を見つけられるということで、宿坊に宿泊すると、
実際にそれを体験できるとのことです。
こういう風にいつもとは違う食事をすると、生きている動植物を食べることへの
申し訳ない気持ちもわいてきて、自然と内省的になり、食事をする際にも謙虚さを持って行うようになるようです。

 

人間はもちろんですが、植物や動物も生きているということで、
そういうことを、もう一度良く考えて食事に対する新しい気持ちが持てる
ようになるようです。