お酒は体にいいの?

お酒は体にいいの?

酒は百薬の長、とも長い間言われてきました。それだけ健康によく、薬にもなる成分が入っていることは、明らかです。でもそれもほどほどに飲んだ場合に限り、つまりは薬として考えることができるのは、1日1合くらいです。

 

それくらいなら、気持ちをリラックスさせることができるし、また体の冷えや血行を促進するには丁度よいことになります。また日本では、このお酒が肌にいいということで、美容製品、化粧品などの原料になっていることがあるので、それだけ美容効果も期待できるかもしれません。

 

こうしたいい面もあるお酒、アルコールなので、適度にたしなむくらいが健康にもよい影響を与えてくれるでしょう。でもいくらお酒がすきだからといっても、飲み過ぎるのはよくありません。下手をすると、アルコール中毒にもなりかねません。とくに女性は男性よりもアルコールを分解する働きが弱いということもあり、とくに飲み過ぎないようにして、体のダメージは避けなければなりません。