中華料理の常識

中華料理の常識

中華料理は、世界でもファストフードとして普及するくらい、人気がある料理です。そしてその国の国民の味覚に合わせて色々とアレンジをくわえられていますので、それぞれバラエティ豊かで楽しいです。

 

 

 

中国が本場だとおもって、「天津飯」を中国で頼んだらそんなものはないと言われた、というくらい、日本風にアレンジされた中国料理は多いです。それだけ中華料理が日本人の口にあったということですね。そしてそんな人気のある中華料理なのですが、中国でレストランや食堂などで各人をもてなすときは、食べきれない程料理を頼んで、食べ残すことが、マナーなんだそうです。客人を満腹になるまでもてなしたということになり、それがレストランにとっても良い事のようです。
http://jbody.jp/

 

 

ホストに対して「もう満腹です」というメッセージになるので、日本とは真逆の価値観ですね。でも最近ではそうした習慣も、廃棄物が増えるのはもったいないとおもわれ、食べられるだけ頼んだり、または食べ残しを持ち帰る人もでてきているのだとか。すこしずつ昔の価値観も変わってきつつあるようです。