ときには体を休ませて!

ときには体を休ませて!

体にも休肝日をつくってあげると、体も一息つくことができ、そして肝臓の酷使を防ぐ事ができます。長期的にみて、肝臓疾患を起こさないようにするためにも週に何回か、休肝日をつくるのは非常に大事なことです。

 

そして毎日の適量を守るようにすれば、きっと健康な肝臓のまま、定年を迎えることができるでしょう。接待、そして付き合いでどうしても飲まないと行けない場合意外は飲まない、プライベートではあまりお酒を飲まないようにするなど、酒量のコントロールは大事です。会社で避けることができない場合以外は、あまり飲まない、そして体の調子を整える、すこし運動などをして酒を抜く、くらいの工夫は大事だと思います。

 

肝臓やその他の内臓を壊してからでは遅いので、お酒の席でも断れるものは断ったほうがいいでしょう。女性なら、当然、妊娠しているときや体調の悪いときは飲まないほうがよく、いくらお酒に強い人といっても、加減しながらながくアルコールとつきあうことが大事なのではないでしょうか。